Introduction

チームで働くことを通して、視野が広がる魅力を実感

猪狩 美砂
猪狩 美砂

Profile

猪狩 美砂

aukana事業部
プランナー

経歴
2016年 株式会社シーエー・モバイル(現:株式会社CAM)に新卒入社。株式会社CyberAgentの次世代ブランド戦略室へ配属されクライアントのブランド領域に特化した戦略を立案・推進
2017年 インターネット広告事業本部 第二本部にて、SEM運用に従事
2018年 株式会社CyberOwlへ異動。aukanaのWEB部門のプランナーとして設計・企画立案を担う

CyberOwlで
働きたいと思った理由

自社メディアを運営することを通して、自分の視野を広げたいと思ったからです。

以前は広告代理店の営業として、広告商材を提案したりお客様のメディア運用を担当していました。 広告代理店はお客様のビジネスモデルやその意向までは把握できるものの、詳細な収益情報などは知らされません。

メディア運用に詳しくなるにつれて「何をしたらこのメディアは収益化するのか」「どこを改善したら効果があるのか」など、詳細なことまで知りたいという思いが強くなりました。 そこで、メディアを自社で運営しているCyberOwlへ異動を決めたのです。

今は「aukana」というWEBメディアのプランナーを担当しています。 「自分が企画した施策にユーザーがどう反応したか」はもちろん、「施策が収益にどれくらい影響しているか」まで見ることができるので、やりがいを持って仕事に向き合えてます。

猪狩 美砂
猪狩 美砂

CyberOwlで働いてて感じる魅力

デザイナーやエンジニアとチームで働けることですね。

営業時代の仕事は、「自分のお客様が求める目標を達成すること」でした。 施策を考えるうえで先輩に相談したり、他部署を巻き込むことはありましたが、自分で考えて自分で動けば完結する仕事が大半だったのです。

一方、自社メディア運営では「売上」をあげることが目標になりますが、そのためには「ユーザビリティ・SEO効果・メディアランク」などいくつかの指標をもとに施策を考えなくてはなりません。

そして、これらの施策は1人で動かすことができないものがほとんどで、「どう表現すればユーザーにとってわかりやすい画面になるか」、「どんな機能を追加すればもっとユーザーが使いやすくなるか」をひとつひとつデザイナーやエンジニアと一緒に考えて施策を実行していく必要があります。

他職種とチームを組んで動くのは正直難しいことも多いです。 でも、職種を超えた視点で仕事ができるようになったので、本当にCyberOwlで働いて良かったと思っています。

今後の目標や挑戦したいこと

メディアの責任者として活躍したいです。

現在は先輩社員に教わりながら施策を考えています。 なので早く独り立ちをして、「aukana」というメディアの施策を自分で考え、実行できるようになりたいです。

また、今担当しているメディアを大きくしていくことはもちろん、今後は新規メディアの立ち上げにもチャレンジしたいです。 そして、どんなメディアでも活躍できる存在になりたいと考えています。

猪狩 美砂

私たちは一緒に調べるを豊かにするメディアづくりに挑戦できる仲間を募集しています。
ワクワクしながら働きたい、この社員と一緒に働いてみたい!と思う方、
ご連絡をお待ちしています。