Introduction

事業に寄り添うデザインをスキルを上げて最前線で牽引

青木 梓美
青木 梓美

Profile

青木 梓美

デザイン戦略室
シニアデザイナー

経歴
2011年 株式会社CyberAgent新卒入社。「CAMP」、ゲーム事業部(「聖戦記ブレイブナイン」「ロイヤルフラッシュヒーローズ」「ガールフレンド(仮)」)のデザイナーを担う
2017年 株式会社CyberSS(現:株式会社CyberOwl)に異動。SEM領域のメディアデザイナーを経て、現在CyberOwlの映画やアニメなどの作品検索サービス「aukana」のデザインを担当

CyberOwlで働きたいと思った理由

今までのキャリアを振り返ると、大半をゲーム事業部で過ごしてきました。 プレイヤーとしてはもちろん、ボードメンバーにも抜擢していただき、マネジメントや組織づくりにもチャレンジすることができました。 責任領域も増えてきた中で先のキャリアを考えたとき、自身のスキルを更に磨いていきたいという想いが強くなり、新たなチャレンジに踏み切ることを決意しました。

新たなチャレンジをしていく環境としてCyberOwl(旧CyberSS)に決めた理由は、デザインするジャンルの幅が広いこと、そして自分が制作したものが世の中にどれくらいインパクトを与えられているかを数字で明確化できることでした。

ゲームはひとつのデザイントーンを追求するため、デザインの幅が一定でかつ、数字貢献度が見えにくいところがありましたが、CyberOwlでは多角的にデザインの提案を求められます。 その結果を数字として見ることができるため自分の事業貢献度が明確化されるところも魅力といえます。

今は映画やアニメなどの作品検索サービス「aukana」のメインデザイナーを担当しています。 新規サービスなので苦戦することもありますが、日々、新しいチャレンジができるので充実しています。

青木 梓美
青木 梓美

CyberOwlで働いてて感じる魅力

ビジネス的視点・開発視点も踏まえて話し合いながらチャレンジしたいデザインを制作できるところが魅力的です。

少人数のためコミニュケーション密度が高く、エンジニアとは開発視点で、プロデューサーとはビジネス視点を交えてデザインについて話せるため、実装可否の判断が早いことはもちろん、デザイナー側から提案する機会も多くあります。

そのためプロデューサーがやりたいものを制作に移すのではなく、自分たちの意見を出し合って進めていくため、”事業を一緒に創っている”という実感を持ちながらデザインができています。

今後の目標や挑戦したいこと

いちデザイナーとして「青木といったらこれ」という得意分野を尖らせることにチャレンジしたいと考えてます。

UI設計・グラフィックをまとめる力・運用性を重視したデザイン力・ディレクションなど、会社員として必要なデザイナースキルは一通り備わってきました。

さらにそこから一つ上のレベルにいくためには、全体スキルの底上げはもちろん、特定分野で突出したデザインスキルを身に着けることが大切ではないかと考えています。

分野的には情報設計・UIデザインという広い分野は見えてきているので、その中で何を尖らせていくかを決めて精進したいと思います。

青木 梓美

私たちは一緒に調べるを豊かにするメディアづくりに挑戦できる仲間を募集しています。
ワクワクしながら働きたい、この社員と一緒に働いてみたい!と思う方、
ご連絡をお待ちしています。